M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

ランニング・マラソントレーングでしてはいけない5つの事!

ランニングは良い靴を履けば必ずしも良いタイムが出る訳ではありません。CW-Xを使用したからといって目標が達成出来るとは言えません(苦笑)日々のトレーニングの積み重ね、そして走るだけではない前後の準備も非常に大事なのです!今回は私の経験から「ランニング・マラソントレーニングでNGだと思うポイント」を今回は書いていきましょう!私はこのNGポイントやった事で、数々の怪我をしてしまったのです・・・。

 

私が考えるNGポイント!

 

1 踵(かかと)を踏む。

以前、記事にも書きましたが「かかと」を踏む事で、大きくランニングシューズの機能が失われます。ほぼ0!これによりホールド感も低下し、パフォーマンスが発揮出来ない上に怪我にも繋がります!横着した靴の脱ぎ履きはNGです!普段、踵を踏む癖がある方は要注意です。

 

2 ストレッチを行わない

ランニング前後の「ストレッチ」は必須。特に走る前のストレッチです!すぐに走り出したい気持ちで、おろそかになりがちですが、しっかりと筋肉を緩めましょう。体のパフォーマンスだけではなく、怪我の防止にもなります。普段お仕事をされているランナーさんであれば限られた時間でトレーニングを行わなければいけませんよね??だからこそ、しっかりとした準備が必要です!

 

3 本番レース後のお風呂とビールはNG

通常のトレーニングは別ですが、本番レースやタイムトライアルなど高負荷トレーニングの後は、疲労回復を優先させましょう。筋肉を温めるのではなく、むしろしっかりアイシングしましょう。流石に銭湯に水風呂に入りにいけませんよね!?アイシングバッグも100均で購入出来るので、自宅に1個おすすめします!トレーニング後は、しっかりストレッチとアイシングを。これをセットで行うと良いでしょう!

 

4 自身のスキルに応じたランニングシューズを選ぶこと

雑誌やメディアの情報に踊らされずにしっかりと試着し、自身のレベルにあったランニングシューズを!ランニングシューズ次第で好タイムも出る事もあれば、その反対のケースもあり得ます。トレーニングシューズ、レーシングシューズ。機能だけではなく、メーカーによって特性も様々です。しっかりと情報収集を!

 

5 一気に走行距離をあげない

フルマラソンのトレーニング必要な事、それはロング走。30km走は人によりますが、25km走はコンスタントに実施したいところ。では最長走行距離10kmのランナーが次回トレーニングで25km走にチャレンジしてよいのか!?否!一気に走行距離を上げるのは怪我の元です。以前、このブログでも距離の上げ方について記事を書いているので是非読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?読んでみると至極当然、当たり前の事ですよね??しかし人間慣れてくると手を抜き始めるものなんです。「早起きしたので、朝練でもしよう。ストレッチ軽めで調子も良いので一気に距離をあげてみようか・・」こんな気の緩みこそが怪我の元なんですよ!ランナーの皆さん!毎日コツコツ積み上げてきた成果も、怪我をしてしまえば元も子もありませんよね。楽しくトレーニングを続ける為にも、当たり前の事を毎日丁寧に。皆さん気をつけましょうね!

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事