M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

以前、ランニング中に音楽を聞くメリット、デメリットを書きました。
これね!

 

で、改めて考えてみると、やっぱり私は「音楽聴かない派」なんですね。もちろん音楽を聞くメリットも把握していますし、音楽を聴きながら走る時もたまーにあります(疲労抜きジョグかLSD位かな)。結果、練習の9割は音楽を聴かないのです(`・ω・´)きりっ。

 

さて、今回はランニング中に音楽をおすすめ出来ないその理由について、もう少し詳しく書いていきましょー!そうしましょう!

私がランニング中に音楽を聴かない3つの理由

その1 ペースが乱れる

 

ペースをキープする、意図的に上げたり下げたりする事はトレーニングにおいて非常に重要な事なんですね。良い方を変えれば無意識でペースが乱れる事は非常に良くないのです。マラソン本番でサブ4を目指す場合、最初の1kmの通過タイムはかなり意識しなければいけません、遅すぎても早すぎてもいけません。たかが1kmの誤差かもしれませんが、このわずかな狂いが後半、身体にも響いてくるんですよ・・まじで。遅い分ならまだしも、速く走ってしまうとスタミナがの消費が激しくなる気がします。

 

 

音楽を聞くと、自分が好きな曲や、アップテンポな曲を耳していると、どうしても気分が高揚するもの。結果アップペースになりがちなんです。私はB’zが好きなので、本当にダメ。かなりスピードが出てしまいます。よ

 

その2 呼吸や足音のリズム・テンポが掴めない

 

走り始めは息が少し上がりますが5kmを過ぎる頃には呼吸のリズムも安定するはず。スースーハー!など皆さんそれぞれ呼吸法があるでしょう。私は自分の呼吸のテンポやリズムを把握しながら走っています。呼吸の乱れなどでその日の調子を判断する事ももありました。音楽を聞いていると・・大好きなB’zを聞いていると「ウルトラソウル」で自分の呼吸タイミングが掴めないんです。足音も同様です、テンポが掴めない。

 

 

ましてや最近のイヤホンは耳の中の密閉度?も高く、自分の呼吸、息遣いがより大きく聞こえすぎてしまうんですね。これが厄介。疲れている様に感じてしまうのです!呼吸のリズムをとりたいのに、B’zのリズムをとっていると本末転倒ですよ。まじで。

 

その3 単純に危ない

 

非常にシンプル!車や自転車が近く音が聞こえない(最近の高性能イヤホンでは聞こえるらしいですが・・)特に夜間練習は非常に気をつけないといけません。だって暗いから!暗くて周囲の音遮断はやっぱり危ないですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回は私がランニング中に音楽を聴かない理由についてまとめてみました!全てが私の様に聞いている音楽のリズムに影響されるランナーさんではないでしょう。普段、音楽を聴きながらランニングを楽しんでいるあなた!たまには聴いてみないのもありかもしれませんよ!

まっちゃん

よーし今日は本番を想定したサブ4ペースで、20km走や。大好きなB’z聴きながらリラックスしよ。 気持ち盛り上げるためにウルトラソウル1曲目やな。 よしスタート!

 

♪ゆーめーじゃない、あれもこれも・・・

 

1Km通過タイム 4分50秒 (・Д・) 早すぎたな、これはあかん調整せな・・

 

♪2曲目ギリギリchop

 

次の1km通過タイム  4分55秒  ・・・・・調整出来ないっ!

もはやB’zに踊られているのでした。
そんな音楽聴かない派の私がLSDで重宝しているイヤホンが・・これは良い。また記事書きますね!
スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事