M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

こんにちは!松ちゃんです。

みなさんはランニング、トレーニングをする時、音楽は聴きますか?

この答えはきっと人それぞれでしょう。特に最近はBluetoothワイヤレスイヤホンや、左右独立型イヤホンの登場で、よりランニングに使いやすい商品を目にする事が増えました。

さて、私はと言うと・・「聞く派」→「聞かない派」→「聞く派」と推移しています。(どっちやねん!)

さて今日はランニング中に音楽を聴くメリット・デメリットについて書いていきましょう!

 

自分のお気に入り音楽を聴きながら、早朝ランをする。頭の中がからっぽになる・・ランニングに集中出来ますね。同じコースでもミュージックプレイリストを変えるだけでも気分転換にもなります。
こういった点では「音楽を聴く」というのはとても重要。単調な動きが続くランニングを続けていくモチベーションの一つにもなります。

「しんどい時にも踏ん張れる!」大阪マラソンの最大の難関「南港大橋」。もうヘロヘロで、心が折れそう。そんな時、沿道のスピーカーから流れるコブクロの曲には助けられました。

音楽を聴く事は、「モチベーションアツプ」「リラックス」この2点がメリット!

デメリット

ペースが狂う・・私が初マラソンでサブ4を達成した理由の一つが「徹底したペース計画」があります。1キロごとに配分を設定するのですが、予定ペースの±5秒が許容範囲内。これを意識したトレーニングを日々実行していました。

音楽を聴くと「オーバーペース」になりがちだったのです。元々、ロックミュージックなどアップテンポが好き。なので、音楽聴いていると思わずテンションが上がりペースアップしてしまうんですね。

上手な人は「音楽」関係なくペースキープを出来るんだと思いますが、私と同様の「癖」がある人には音楽ランニングおすすめできません。

もう一つは「自分の息遣い」が聞こえない。これもデメリットの一つですね。呼吸の乱れは、その日の体調を把握する重要な材料です。

音楽を聴く事でテンションアップ!結果、設定ペースに狂いがでる可能性あり。後、自分の呼吸の乱れが聞こえない事。

 

なんで今は聴いているの?

この半年間は初マラソンでサブ4を達成させる為に、計画からリサーチを徹底していました。

なので結果と引き換えにかなりストイックになり過ぎている所があったんですね。今は来季に向けて余裕を持たせたトレーニングを行いたいと思います。やっぱり音楽聴きながらの朝ランは良いですよ!

ただ・・みなさん、車や自転車、歩行者の方には気をつけて!音楽を聴いて素敵なランニングを!

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事