M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

「上司にむりやりフルマラソンエントリーされた人」でも練習を続けられる方法

フルマラソンにエントリーしたものの、トレーニングが面倒くさい。続かない。気が付けば大会1か月前どうしましょう!?

「それはあなたが悪い苦しいトレーニングを日々続けてきたランナーさんよりも苦しい42.195kmを一気に味わいなさい(`・ω・´)」

というのが私の考え(苦笑)基本大会の当選は本番半年前には分かります。割り切って「私、練習全くしないで一発本番で行くわ!どうなっても知らんけど!」の方がまだ良い気がする・・。

私の記事にもありますが、完走狙いなら下手にトレーニングをしない方が良い時もあります。

さて、大型大会は倍率が非常に高く連続落選なんて良く聞く話。落選したランナーさんの為にも、しっかりと走るのがランナーのマナーというものです。ただ私の会社の様に「上司にむりやりエントリーされた人」にとったらたまったもんじゃないですよね・・。だまれ、まっちゃん。俺は走りたくなかったんだよ!大人の付き合いに巻き込まれたんだよ!!!

分かります。なので今日は「上司にむりやりエントリーされた人」でも練習を続けられる方法について書いていきましょう!そうしましょう!

 

「上司にむりやりフルマラソンエントリーされた人」でも練習を続けられる方法

1「完走しなければ〇〇します」と社内で公言する。

はいこれ!これです。私が「多分サブ4いけるでしょ」と社内に勢いで公言したように。あなたもするのです!達成で着なかったらご飯奢るでもよいです。自分から追い込むにはこれが一番早い。本当に。

 

2 通算走行距離〇〇kmごとに自分へ何か買う。

これも私していました!これは自分との約束ですね。ランニングウォッチガーミンもこれで購入しています。最初に基本的なランニンググッズだけそろえて、通産走行距離を重ねるごとにきっとランニングの楽しさもわかってくるはず!

 

3 インスタグラムで意識高い系ランナーのライフワークを見る。

 

#ランニング男子 #ランニング女子・・・調べてみてください!自分と同年齢の方が引き締まったバディでしゃれおつなランニングライフをエンジョイしている姿を目にするでしょう。そして自分に問うので酢「お前・・このままで良いのか」と。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?実はこれは私が行った手法です(笑)私のプロフィールにもありますが、元陸部とはいえ腰痛悪化によりラストイヤーは走れず。15年のブランクを経てフルマラソンへ挑みました。私の場合は4年連続落選。もう走る意欲なんて無いのに・・当選したんですよ!後輩がエントリーしたらね。正直嫌でした・・。ただこうやって自分を追い込みながら「目標を達成」した時の感動は本当に大きい。きっと皆さんの人生において「フルマラソン完走」は自信に繋がるはず!

追い込めー!!

 

 

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事