M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

サブ4を目指すとなると、大会当日気になるのが「トイレ問題」。全てのランナーが悩む大きな課題です。

大阪マラソンをはじめとする大規模大会では、トイレの待ち時間が大きなタイムロスに繋がります。
数十分待ち・・もはやテーマパークですよ(苦笑)現に大阪マラソンでも、ブロック整列が始まっても長蛇の列。見てるこちらもヒヤヒヤします。(人間トイレを見るとトイレに行きたく謎の習性もあるので・・。)

 

とにかくトイレには極力立ち寄りたく無い!それは皆さん同じですよね??さて今回は私が実践したマラソン大会当日の「トイレ攻略法」です!

 

1週間前から前日までは水をいつも以上に飲む様にしました。体内に蓄える為です。一方でアルコールやコーヒーなど利尿作用がある飲料はカット。私はビール、コーヒー大好きなので苦痛でした・・。

 

現場にトイレが無いと思え!

大会当日の朝:起床後トイレで用を足す→朝食ではコップ1杯の水を飲む→うどんのスープは半分ほど→朝食後用を足す→出発→最寄りの駅で用を足す→乗り換えの駅で用を足す→大阪城公園で用を足す。

どうでしょう!この多さ(笑)その数5回!体内に水は蓄えていますが、タンク内の尿をすっからかんにしました。これが重要です!

マラソン大会が開催されるのは冬が多く、寒さによる冷えから余計にトイレが近くなります。その為、タンク内にわずかでも尿が残っていると「うーーん。トイレに行きたい。」と気になり始めるのです。私はトイレに5回行く事を当日の定に組み込んで段取りしていました。出なくても5回トレイに必ず行く!と。

5回目のトイレの後に使用したおすすめアイテム

ここで使用したのが「貼るカイロ」です。下腹部に貼り付け温めます。「ここまでしたら!大丈夫!」そう思える事がリラックスにも繋がりますよ。

もしランニング中にトイレに行きたくなったら・・

行くべきです!すっきりした後、足の調子が良くなったと耳にする事があります。ただ注意すべきなのが・・

前半のトイレ→非常に混む。タイムロスが出る。しかし足の疲れはまだ無いので挽回可能。 後半のトイレ→空いている事が多い。タイムロスはまじ。ただ足の疲れから動かなくなる可能性あり。

サブ4を目指すランナーはどのタイミングでトイレに行くのかもしっかり管理しましょう!グーグルマップなどでスタート会場近隣のトイレ、コンビニを事前にチェックするのも◉。

 

貼るカイロはどうするの?

スタート前になると不要になるでしょう。大規模大会ならボランティアスタッフさんがゴミを回収してくれるので、スタッフさんに渡しましょう!ポイ捨ては厳禁。私は渡し損ねたのでポーチに入れて走りました。

 

 

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事