M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

「明日は待ちに待ったマラソン大会本番。今までの練習の成果を出しつくし、サブ4達成するぞ!明日は早起きだから・・今夜は早めに就寝せなね、おやすみ〜」

 

 

寝れねぇっ!!!!!!気がつけば深夜1時!!!!!

 

 

こんな事ありますよね?マラソン大会だけではなく、家族旅行に遠足。気分が興奮して寝れない時は非常に焦ります。ではどうすれば眠りにつき、しっかりと睡眠を確保出来るのでしょうか?

 

今回は私が実践したマラソン大会前の就寝方法の紹介です!

 

調整は3日前から始まっている!

 

大阪マラソン当日の流れ(私の場合)

AM4:30〜4:40 起床
AM4:40〜5:00 シャワー+ストレッチ
AM5:00〜5:20 朝食

この様に、通常AM7:30の起床を3時間も早める必要があるんですね。眠いよ!。これを1日で調整するのは非常に難しい、身体にも負担がかかるんです。ましてや前日緊張していると眠れない。なので3日前から徐々に慣れさせるのがオススメです!

 

※当日の朝食についてはこちらで・・

 

3日前からの調整方法

3日前:就寝時間を23:00  翌日の起床時間を6:00
2日前:就寝時間を22:00  翌日の起床時間を5:00
1日前:就寝時間を21:30  翌日(レース当日)の起床時間を4:30

 

朝早く起床すると、いつもより眠たくなりますよね?この習性を利用して、3日前から調整をかけていきます。

 

仕事の兼ね合いで早く帰れない!

 

仕事の内容では早く帰れない人も多いでしょう。そんなランナーの皆さまは出来るだけ早めに起床。
レース前日だけでも5:00など早めに起床しましょう!

 

最悪寝れなくても大丈夫?

一睡も出来ないのはさすがに影響がありますが・・布団の中に入り、横になるだけでも身体は休まります!緊張しすぎて眠りが浅くなり、「夢」を繰り返し見る→目が覚める、この繰り返しがありますが、気にせず横になり続けましょう。

 

前日のアルコールは禁止!

 

「よーし!ぐっすり寝るぞー!そうするぞー!ビールだ!」と寝付きをよくする為に「アルコール」を摂取するのはNGです。利尿作用で当日影響がでます。ここはグッと我慢です!

※こちの記事でも書いています

 

まとめ

いかがでしたか?本番1週間前にもなると気が気でなくなりますよね。頭の中が「不安」だらけ。当日、自分の力をしっかり発揮する為にも、練習メニューだけではなく、私生活のタイムスケジュールも管理してくださいね!リラックス!

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事