M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

ランニングシューズの説明を読んでいると様々な用語を目にしませんか?走る事が出来ればそれでOK!もちろんそうなのですが、最低限各パーツの名称を知っていればシューズ選びも楽しくなると思いますよ!今回はランニングシューズの名称についてまとめて見ました!では行ってみましょう、そうしましょう!

 

【あなたは知ってる?ランニングシューズの各名称!】

・アッパー

 スト2のサガットが繰り出す必殺技ではございません。足の甲を覆う部分。ランニングシューズは基本メッシュ素材でしょう。走っていると靴の中は非常に蒸れてきます。通気性が良い物がもちろんオススメです!まぁほとんど大丈夫でしょう(苦笑)

・アウトソール

写真の部分!いわゆる「クッション」の役割がある部分ですね。一般的に初心者用のトレーニングシューズはソールが厚くクッション性が高い、その分重い。レーシングシューズはソールが薄く、クッション性が低いが軽量と言われています!最近のズームフライなどは別ですが・・。地面と最も接触する部分なので、磨耗も激しい。シューズによって耐久距離もありますが、買い替えの目安はアウトソールで判断する事が多いと思います。ランニングシューズを使い分けていると長持ちしますよー!

・インソール

 でました、私の大好きインソール!そう中敷きです。靴の中の取り外しが出来るやつ。個人的にアウトソールよりインソールの方が大切じゃないの?そう思う位。超重要パーツです。インソールを変えるだけで、走っている感覚が激変するし、疲労の蓄積も改善されたりします。特に私の様に扁平足ランナーはインソールの購入を検討して欲しい!!

 

詳しくはこの記事に・・

ちなみに私の愛用はこれ。本当に良い。

 

 

・シューホール

 靴ひもを通す穴。オーバーラップにアンダーラップなど横文字を目にする事がありますが、要するに紐の通し方ですね。実はこれも非常に奥が深い。「ほどけない結び方」を実践したら良いも悪いも失敗して本当に解けなくなった過去があります。紐切りましたよ・・。ホールの使い方でシューズと足のフィット感がかなり変わります。またこれについても記事にしないとね!

・シューレース

 シューホールの嫁でしょう。紐!もう紐でいいやん。なんだよシューレースって・・といつも突っ込みたくなるのです。紐です。そう紐。紐も本当に色々あります、色、種類など。最初から付いている紐でももちろんOK!もし変える場合は「ほどけづらい」紐をチョイスしてください。マラソン30km地点でほどけたら・・・恐ろしいっ!!

・タン(ベロ)

 あれ?君に名前あったの?アッパーと足の甲部分の間にあるこれ!名前あるんですね。舌みたい??紐を縛る前にタンと足の甲の位置を確認しましょう。ずれたりすると、シューズ本来が持つ機能を十分に発揮する事が出来ません!えっ?そんな重要なの?ずらした時と、きっちり合わした時で一度走り比べてみてください!

 

 

・ヒールカウンター

 格ゲー初心者が苦手とするコマンドではありません。かかとの部分。小学生~高校生が踏んでいるところです。昔は踏んでいる方が楽なので、私もそうでした。今思えば・・ランニングシューズの機能を破壊する行為・・!!恐ろしい。ヒールカウンターを踏むのは言語道断!機能低下どころか、怪我する可能性も出てきます。足をサポートするパーツ。踏まずに大切に!

 

・ミッドソール

 上からも下からも挟まれている中管理職さんです。インソールとアウトソールの中間にあるパーツ。これは引っ張り出す事は出来ませんね。シューズメーカーがかなりこだわって開発する部分やと思います。ウェーブライダーやズームフライなど特徴的な物もありますよね。シューズ説明を読んでみるだけでは、その機能がいまいち分からないもの。もし可能であれば是非試着してみて下さいね(試走もしたい)

 

スポンサーリンク

まとめ

さていかがでしたか?スニーカー通の方であれば当たり前の用語でしょう。一方ランナーの皆さんなら別に知らなくても良いかもしれません。ただタイムにこだわる程、専門的な用語を目にする機会が増えるかなと思います!知っておいても損はないかも??

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事