M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

私がこのシューズを手にしたのは8月後半。なのでトレーニングを開始してから2ヶ月半経過してからですね。もともとミズノのウェーブライダー21を使用していましたが、自身の筋力、タイムの向上に併せて靴を新調したのです。結論から述べるとコスパ最高のTHEサブ4シューズと言いたい!(他のシューズあんま知らんけど・・・苦笑)もちろん少し残念な所もありますが、全体的には大満足の一足となりました。うーんペガサス大好き。ではいってみましょう!

 

6月、7月、8月のトレーニングを経て、しっかりと力が付いてきた実感がありました。練習記事にもまたアップしますがサブ4を目指すにあたり、9月以降はサブ3.5用のトレーニング内容を行ったのです。すると、どうでしょうか?ウェブライダー21だと「重い」んです。クッション性は抜群なのですが、それ故に自分の力が吸収されて進力が減少している感じ。自分の動きとシューズが上手く噛み合わなくなってきた感覚が出てきたんです。

※以前使用していたランニングシューズ、ウェブライダー21はこちら。

 

(理由1)ペースにあり

ウェブライダー21は1キロ8分〜6分前後・・LSDやサブ5タイムでは快調に走れるのですが、それよりペースを上げると「重さ」を感じるようになりました。これがシューズごとの「適性ペース」というものでしょう。軽自動車で加速する時、アクセルを踏み込むでしょ??「ブーン!」と勢い良く音はなるのにいま一つスピードが乗ってこない、あんな感じです。

 

サブ4ペースに適したシューズ探し

そうなんです。目的は「ペガサス」が欲しかったわけではなく、キロ5分40秒〜5分00秒に適したシューズを得る事だったんですね。各メーカーや雑誌に記載されている「適性速度チャート」を見てみると、カッコいいランニングシューズがずらり。その中でサブ4ペースに適した物をいくつかチョイス。あとは他の記事にもあるように「相性」ですね。もうお嫁さん探しと同じ。アシックス、ミズノなど候補シューズを試着しながら、バチっとはまったのが「ペガサス35」やったわけです。

 

 

いったんまとめると・・

 

1 シューズを新調する時は自分が走る1キロあたりのペースを参考にリサーチ。
2 候補シューズは全て試着すること。

 

ペガサス35レビュー

見た目はいかにもナイキらしい、洗練されたデザイン。普段ばきでも全然OKやん。元陸部としてはミズノとかアシックスのようなTHEランニングシューズを好んでいましたが、ナイキはまた違った格好良さがありますね。重さはウェブライダー21より軽い。ただもっと軽いシューズはたくさんあります。サブ4ランナーからすると、靴の重さはそこまで意識しなくてもよいかな・・と感じます。

 

 

個人的に気に入ったのはクッション性。ウェーブライダー21よりは「固め」なので、着地の際に地面からの反発をしっかり捉えるイメージです。21はクッション性能で進んでいましたが、ペガサスは自分の脚力を中心に靴がサポートしてくれる感じ。足の回転に併せてしっかりと加速する感覚です。

 

 

購入した日の夜ラン、あえてタイムを見ずに感覚でランニング。10kmを1キロ5分10秒で走っている感覚だったのですが・・実際1キロ4分55秒ペース。まじでびっくり。とにかく前に進むのでオーバーペースになりがちなのが最初の印象です。この半年間を思い返しても、サブ4を達成したのは「ペガサス35」のおかげ。ただ、序盤は良いも悪いも振り回されたイメージです。

 

余談

スポーツ量販店に行けば必ず取り扱いしているはず。ただおすすめは「ナイキストア」で購入です。ナイキの正規店では、普段あまり目にしないオリジナルカラーのシューズを販売(これが有名なナイキ商法)。なので同じペガサス35でも、新色が出た場合、旧カラーは型落ちとして安くなるんです!おすすめ!

 

 

※関連記事こちらも読んでみてはいかが??

 

ちなみに私が愛用しているのはペガサス35のブルーです!ネットはやっぱり少し安いですね。

 

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事