M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

【真冬でも快適リラックスラン!あると便利なランニンググローブ!】

真冬のランニングって当たり前ですが「寒い」ですよね。けど嫌いじゃないです!夏に比べればね。私が陸上部の頃、専門は長距離だったので夏練習は本当にしんどかった。一方、冬は寒いですけど、意外と走りやすかったりするものです。さて、今回は冬練習にはかかせない「手袋」のお話です!それでは書いていきましょう!そうしましょう!

冬練習、手袋の必要性って??

手袋を使う人、使わない人がいるでしょう。私もメニューによって使い分けています。そもそも手袋を使うメリットとは?ずばり「保温・体温低下の防止」です。20分もジョグを続けると体温も上がり、真冬でも汗をかきますよね?一方で少し立ち止まり、心拍数が落ち着くと冷たい風により、一気に体温が低下します。身体の末端を温めておく事でこの冷えを防止できると考えます。

 

あと、なぜか知りませんが「手」は暖かくなりづらい。走っても走っても身体は暖かくなるけど、手は冷え続けていたり。これは私の体質かもしれませんね

どんな手袋良いの?

ぶっちゃけ陸上部現役の頃は特に何も気にせず、普通の手袋を使用していました。温まれば良いので!しかしやはりランニング用手袋は機能面がおすすめ。軽さ、保温力、速乾力などメーカーがしっかり考えているので快適にランニングが出来ます。100均の手袋は思い・・後、手汗をかきはじめると、じっとりしめってくる。これがデメリット。ランニング用は軽く、生地も薄いのでコンパクトに折りたためますよね。

うーんスタイリッシュでかっこいいね!

 

メニューによって使い分けよう

あくまでも個人的な考えですが、5kmまでのタイムトライアルでは使用しない。何となく。短時間で終わるのと心拍数をしっかり上げるので身体の冷えが気にならない。一方、LSDなど心拍数が低めで30分以上ランニングする時は使用しているのが私ですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?ランニングはシューズさえあれば出来るもの。必ずしも必要でないアイテムがたくさんあります。ただ、やはりあると便利何ですよね。アームカバーも、ランニングタイツも。あると快適。快適になると気持ちもリラックス出来るので好タイムも期待出来るかも!?しれませんね。もしそこまでコストかけたくない!というランナーさんであれば・・軍手でも良いですよ。まじで。意外とコスパが良い!

 

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事