M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

【ユニクロスポーツタイツとワコールCW-Xどっちが良いの?履いてみた!】

さて今回は、高級ランニングタイツCW-X(ワコール)のレビューです!体を守る、ランニングコンディションを改善するスポーツタイツとしては、お値段がちょっとした家電並するCW-X。気になる人いますよね!?今回はユニクロのスポーツタイツとの比較を書いていきましょう!そうしましょう!

ユニクロタイツとCW-Xの使い分け

まず、私はCW-Xとユニクロ、2つのランニングタイツを使い分けてトレーニングを行っています。CW-Xを使用するのは本番レースと、普段の20km以上を超えるロング走に。つまりTTや15km前後ではユニクロのスポーツタイツを使用しているんですね。その理由は「大切に使いたいから、だって高いから」が正直な気持ちです。が、CW-X慣れさせない。というのが大きな理由。CW-Xは後ほどレビューしていきますが、結論「素晴らしいタイツ」。その為、大会用の秘密兵器として使いたいんですね(笑)。気持ち的にもモチベーション上がりそうでしょ?普段ユニクロやけど、今日はCW-Xやから大丈夫みたいな・・!

 

ユニクロスポーツタイツについて(エアリズムパフォーマンスサポートタイツ)

まずはユニクロスポーツタイツから。正式名称「エアリズムパフォーマンスサポートタイツ」。お値段2000円ほど。お手軽に購入できるのが良いですね。こちらはCW-Xと比べると着圧は低め。というのもCW-Xの特徴の一つ「テーピング効果」はユニクロにはありません。結果、あくまでもこちらは「防寒・汗の吸収・簡単な着圧による疲労の軽減」大きくはこの3つとなります。足が軽く感じるのは着圧の効果だとおもいます。シンプルですが、個人的に履くか履かないかでは全然違います。特に足の軽さが!あと汗の吸水性、速乾性もね。だってエアリズムだからね。

 

CW-X

 

私が使用しているのはジェネレーターモデル。このせいで小遣いが一瞬で吹っ飛んだのですが・・。さて、ユニクロと比較するとどうでしょう?結論25kmまでは違いが分からない。そうなんです、個人的な感想ですがユニクロもCW-Xも25km付近までの感覚はそんなに大差ありません。下手したらユニクロタイツの方が軽くて良い感じ。しかし!!25km以降に大きな差が出るのです・・。それは「足へ蓄積する疲労度」。過去30km走を両タイツで比較をした事があるのですが、CW-Xは後半足にかかる疲労が少ない。ゆったりと疲れてくる感じ。一方ユニクロタイツは一気にくる。

これこそCW-Xのテーピング及び着圧効果なのでしょう。また、CW-Xは腰へのサポートも強いので腰痛持ちのランナーさんいはおすすめ。ただ素材もしっかりしている分、「履いてる感」はユニクロタイツより強いので慣れないランナーさんには少し不快感があるかもしれませんね。夏は暑そう・・

 

スポンサーリンク

まとめ

CW-Xはもちろん、ユニクロのエアリズムパフォーマンスサポートタイツのコスパも相当高い。さすがユニクロ。Amazonなどで検索すると聞いた事のないブランドのランニングタイツも多数販売していますが、「ユニクロ」で十分です。ただし、翌日の疲れ、本番でのパフォーマンス力を上げたいのであれば、CW-Xを1本持っておくとなお良しでしょう!高いですよ!ほんまに。しかしその分の効果と、「CW-X履いているから大丈夫!」という精神安定剤の役割も果たしてくれるので一石二鳥でしょう!様々なモデルがありますが、私と同じ腰痛持ちランナーさんはジェネレーターモデルでOK。高いけどね!(泣)

 

 

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事