M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

【トレーニングによる疲労だけじゃない!もう一つの腰痛の原因って!?】

皆さんは持病を持っていますか?私は2つ持病があります。それは「椎間板ヘルニア」と「後十字靭帯不完全断裂」(笑)ヘルニアは高校2年生の頃、やり投げのトレーニングが原因で。靭帯はレストランのバイトでオーダーを取る際に膝をつき過ぎて発症!もう足腰悪い人の典型的な例なんです。なのでランニング前後のストレッチはかかせない訳ですね。ただ気をつけて欲しいのは、「ただ伸ばせば良い」訳ではない事なんです!

気を付けて!腰痛に存在する2つの痛み!

今回は「腰痛」を例にしましょう。持病があるランナーの皆様なら分かると思いますが、「痛み」には2種類タイプが存在していると思うんですよね。

痛みのタイプその1:高負荷トレーニングなどによる疲労の蓄積

いわゆるオーバートレーニングですね。またはストレッチングなどを怠った時にもなるやつ。筋肉痛の一種なのかな?とも思います。私はトレーニングだけではなく、子供と遊んだ翌日(肩車など・・)に良く炒めるのです・・。

 

痛みのタイプその2:ストレスによる痛み

はいこれ。私も詳しいメカニズムは分かりませんが、仕事や私生活でストレスが溜まると発生する「痛み」です。点で痛いのではなく、「面」背中全体で痛みを感じます。またストレッチをしようにも非常に「固い」痛み。例えると「消しゴム」みたいな感じでしょうか?一見柔らかく曲がりそうに見えるのですが、一定以上曲げるとブチっとちぎれる・・がくがく・・・

今回、腰痛持ちランナーさんに気を付けて欲しいのは「その2」の痛みです。私の経験上、ぎっくり腰は疲労ではなく、ストレスの蓄積による体の緊張から発生していると思うのです!

 

腰痛の改善方法

これって本当に難しい。正解があるなら教えて欲しい(笑)個人的な改善方法は下記です!

1 ストレッチ・アイシングを行う


まずはこれが大事!トレーニングの後はもちろん、お風呂上がり、TVを見ながら。暇があれば筋肉を伸ばす習慣が必要ですね。しかしストレスによる腰痛の場合は注意!いきなり捻ると「ぎっくり腰」になる恐れもあります。

 

2 お風呂にしっかりつかる


以前の記事でフルマラソンの後のお風呂はNGを書いていますが、高負荷トレーニング以外の時はゆっくり体を暖めるのが重要ですね

3 整骨院に通う(ただし先生がスポーツ経験者に限る)


これ結構重要なんです。最近、良く見かける某チェーン整骨院。オプションや1ヶ月通い放題など様々な打ち出しで、会社帰りのサラリーマンさんが通っている光景よく見かけますが、注意!経験値が浅い、かつスポーツ経験が無い先生に治療されると悪化する事ありますよ(苦笑)一方、過去に部活のメディカル経験がある先生なら的確な指導をしてくれます!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか??「持病」と付き合っていくと、自分の中でどんな事をすれば「痛み」が出るのかが予測できるはずです!世の中サラリーマンランナーも多いはず。日頃のストレスを上手に発散しながら体調を管理してくださいね!

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事