M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

良い感じのトレーニングに満足。明日はロング走だ!と意気込み就寝。

翌朝・・「あれ?かかとが痛いぞ!歩くと足裏痛い!」この様な症状にお悩みの方たくさんいるでしょう。私もそうでした。一般的にこの原因は足裏の筋肉を痛めた事で発症する足底筋膜炎やと言われています。

何が原因、足底筋膜炎!?

様々な原因があるそうですが、ランナーでよく挙げられるのが「足のオーバーユース」。走り込み過ぎや、オーバーペースのトレーニングです。土踏まずの部分は少なからずともアーチになっていますよね?ランニングで着地をする度に、アーチ裏にある足底腱膜がバネの様に衝撃を吸収。ここの疲労がたまっていたり、過度の衝撃が加わる事で炎症してしまう。簡単に言うとそういう事になります。

 

見えない疲労だから怖い!

足底筋膜炎になった人なら分かるかと思いますが「急に痛くなる」事が多い通常の筋肉痛なら徐々に痛くなるので予測がつくのですが、足底筋膜炎は別。昨夜のランニングでは良い感じだったのに、朝目覚めると激変する事も。

これからトレーニングを重ねる事にこの「隠れ疲労」を見極められるのがかなり重要になります。膝を痛める「ランニングニー」も同様、見えない疲労です。こ隠れ疲労の原因がオーバートレーニング。また別記事に私が怪我を起こした時のトレーニング内容も書いて行きますね。

 

なったらどうしましょう!?

まずは病院や整骨院に行きましょう。もし可能なら担当医がスポーツ経験者なら◉。しっかりと処置をしてもらい、家で安静です!普段生活の中で歩く動作以外は極力控えましょう。悪化すると治りづらいのが足底筋膜炎。私の経験だと軽いレベルで1週間は回復までかかりました

 

予防方法は?

1 ストレッチ(筋肉を伸ばす)   2 アイシング(筋肉を冷やす)

この2つです。これは足底筋膜炎だけでなく、全ての怪我に有効です。快調にトレーンングできても、身体には熱を持ち、しっかりとアフターケアを行わないと故障に繋がります。ランニング前、ランニング後は入念にストレッチ。ランニング後はアイシングを。この当たり前の事を丁寧に行うと予防できます!

 

※私のおすすめケアグッズはこちら。

https://matchanrun.com/2018/12/01/post-152/

 

私はこの作業を行ったので、怠ったので足底筋膜炎もランニングニーも両足各2回ずつなってますよ(涙目)トレーニングを重ねるごとに、切っても切れない「怪我」。ましてや大会が近くなると、怪我によるトレーニングストップは精神的にも追い込まれますよね。予防は大切!

 

3日間走れてない・・7日間走れていない・・・やばい、体力落ちたかも?」その不安わかります。ただサブ4レベルのランナーだと上記の休養は、ほぼ影響ありません。また私の怪我前後のタイムや vo2maxなどを見ながら記事にしようと思います!

 

怪我の無い楽しいランニングを!!

 

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事