M’s Life YoTubeチャンネル
スポンサーリンク

皆さん隠れ疲労に悩まされていませんか?

僕は「足底筋膜炎」や「ランニングニー」の原因の一つが「隠れ疲労」だと考えています。

隠れ疲労とは?

強度の高い練習をした翌日、筋肉痛になる事はありますよね?

筋肉痛になると「ハムストリングが痛いな・・今日は無理せず休養しよう。と冷静に判断が出来ます。一方で隠れ疲労は非常にやっかい。これといって痛みもなく、いつも通りの体調。トレーニング後、就寝し起床すると激痛が・・。皆さんもこの様な経験ありませんか??

体の中に貯蓄される見えない疲労が隠れ疲労です。

 

隠れ疲労の見分け方!

1 まずいつも通りにランニングスタート。

私は特にLSDペースが見分けやすく感じました。1キロ6分30秒〜7分ペースでランニング。
通常なら余裕ですよね?1時間は軽く走れるペースでしょう。

2 1kmも走らない内に違和感発生!

500mも走った頃から「足首が重い」んです。痛いのではなく、重い・・「靴紐締めすぎたかな?」足首より下がランニングシューズで圧迫される感覚です。靴紐をゆるめてみても一向に改善されず。

3 足首より下が重い場合は練習中断を!

この様な症状になった場合は練習中断を!走り始めるまでは「いつもと同じ」、しかし走り始めるや否や「足首より下が重い」こうなった時は隠れ疲労が溜まっているサインだと思います。

「脚が重い」とはちょっと違う!

ランニングについて調べてみると、様々なサイトで「脚を重くする」というキーワードを目にするかと思います。

「脚を重くする」は適度な疲労感とスタミナがついている状態だと認識しています。脚を重くする事で、序盤からオーバーペースになるのを抑えられるとも言われています。通常であれば、5kmも走るとこの「重さ」はスッと消えていくはず。ただこの表現は言葉で伝えるのが非常に難しいんです。

是非皆さまが日々トレーニングする中で、この「脚を重くする」感覚を養って頂きたいですね。

一方で「足下が重い」この感覚も同様です。「脚」と「足」、非常に細かな違いですが、隠れ疲労の場合は「足」のみが重く熱を帯びる感覚です。この状態は走り続けてもましにはなりません。むしろ、無理に走ろうとする事から怪我を誘発するのでは?と考えています。

 

今日のまとめ

マラソントレーニングでは心拍数やスピードの様に「数」で把握出来る事と、疲労など「数」では把握出来ない事、この2つが存在しています。

これからのトレーニングにあたり「体の重さ」には是非敏感に察知してくださいね。

 

練習後のケアは大事!百均で買えるケアグッズもありますよ〜

 

スポンサーリンク
M’s Life YoTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事